今から70年ほど前の話ですが、私の家は農家でしたから、味噌は自宅で作るものでした。6,7歳の時の記憶ですから、あまりはっきりしていませんが、11月ごろ、土間の大きな竈で大豆を煮るのでした。煮あがった大豆は、ある程度つぶして、長さ20センチくらいのつりがね型の玉を作ります。それを天井に吊るして乾燥させます。後は、色々の作業工程を経て、その玉は、蔵の中の大きな樽に入れられるようでした。食べられるようになるのは、多分、数年経ってからだったと思います。大人になってからも暫くは、実家から貰って食べていましたが、実家でも段々作らなくなり、買ったものを食べるようになりました。今では、色々の味噌を買って来て使っています。それでも、昔の味が懐かしくて、昔の手作りの味に近いものを探して買ってきます。おにぎり、豆腐や野菜の田楽、おでん、和え物にと無くてはならない調味料です。

味噌についてのあれこれ

私は毎日味噌を食事に摂りいれるようにしています。と言っても、主におつゆを作るだけではあるのですが、毎日欠かさずに作っています。スーパーに買い物に行くと出汁入りのものや減塩タイプのもの、高級品からプライベートブランドのものまで迷う程たくさんの種類の味噌が置いてありますが、我が家はこうじの入っていないタイプのものが好きです。価格もお手頃なものを選び、出汁は煮干しと鰹節で1から自分でとります。出汁をきちんと自分でとることによって、どんなタイプのものでも美味しく感じられると思います。以前、テレビを観ていた時に、小学4年生の女の子が「おつゆの味噌を溶く時には、火を止めてからでなければだめ、そうしないと菌が死んでしまうから」と言っていましたが、私もその点は必ずそうするようにしています。我が子にもきちんと教え伝えたいことのひとつです。

味噌ドレッシングは野菜嫌いにお勧め。

最近、味噌ドレッシングが濃厚で美味しいと話題になっています。野菜嫌いなお父さんやお子さんのいる家庭にお勧めで、少し辛味が効いて一度、食べると病みつきになります。野菜スティックやもろきゅうなど幅広いメニューに使えるので、調味料代わりに一つあると便利です。そのまま白いご飯にかけても美味しく食べられます。また、味噌ドレッシングにも色々な種類があり、わさびや梅肉入りなども販売されています。特に食欲のない時期に梅肉やポン酢入りを選ぶと爽やかで食欲がそそられます。その地域の特産品として販売している自治体も多く、旅行のお土産にもお勧めです。味噌は汁物で使っている家庭も多いと思いますが、以外と調味料や汁物以外にも使えます。焼きおにぎりにも使えますし、カレーの隠し味に使うと、よりカレーのコクが引き立ち家族も喜んで貰えます。

このサイトでは、ヤマクの、多種多様な美味しいお味噌を販売してますので、ご覧ください。 お味噌汁お試しセットが999円と大変お得! 全国の皆様においしいお味噌を召し上がっていただくために、当社では量り売りで好きな分だけ注文することができます。 初めてのお買い物でも安心していただけるよう、料金の支払い方法は各種ありますので、通販でお気軽にお買い求めください。 味噌のネット通販ならヤマク食品